bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

事故後 警察署で調書があります

交通事故

事故後 警察署で調書があります
  • 日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin
  • bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で
日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

警察官が来て現場検証があります

何が起こったか警察で調書をとられます

交通事故で警察に電話をすると
警察官がやってきて現場検証になります。

あまりにも軽度の接触の事故の時は
その場でお巡りさんの現場検証だけで
終わったこともありますが

怪我があるときはそのまま救急車で運ばれ
現場検証に立ち会えなかったこともありました。

その場で何が起こったかはっきりと
わかればいいのですが 私の場合バイクで
衝撃が結構あってショックで記憶が空白になることが
何回もありました。
(偽物の記憶がでてきたりして実際の記憶は
一月くらい経ってからでてきたこともあります。)

警察で調書をとられることになります。
病院で診察を終えてから警察に行き
状況をきかれました。
(怪我が小さいときはそのまま警察につれていかれました。)

私が一番困ったのは記憶が飛んではっきりわからないこと。

お巡りさんは効率よく話を聞きながら文章を組み立ててくれます。
とくに初めての時は ショックと気か動転していて
ハイハイと言ってたら 「自分の前方不注意で反省してます」
のような調書ができあがっていました。

違ったら違うと言えと言われているのですが
やはり動揺していていつの間にか終わっています。

何度か経験しているのて注意してたつもりでも
あとからしまったーという不利な調書になって
しまっています。

最初の時どう考えてもおかしいので
その夜警察に行って訂正をもとめたら
事故直後の記憶が一番正しいんだ
と怒られて取り合ってくれませんでした。

何回もいいますが記憶が飛んでで分からないんです。
なのでできるだけ お巡りさんが誘導してきても
分からないことは分からないと
分かってることははっきりと主張しましょう。

言い分が変わると信憑性がなくなります。

別の事故での調書の時そのことを伝えると
そのお巡りさんは 

「きっとその警察官は自分で
事故を経験したことがないんだろう」

と笑っていましたがこちらとしてはたまったものでは
ありません。相手方と争ったりするときに
証拠の一つになります。

対応してくれる警察官により個人差があるということ
なのでしょうか。

くれぐれも分かることはっきりと
分からないことも分からないではっきりと
主張しましょう。



また怖いのは警察官だけではありません。稀な例ですが、目撃者探しをして立会いをしてもらった「その目撃者」が嘘の証言をつく場合もあります。これには、どんな人もその時間、動転してしまいがちです。

調書は基本的には取り直しはダメですので(例外もあります)、その場でしっかりと目撃者・警察官・加害者に対して主張すべきことは主張しましょう

出典 http://交通事故解決.jp

【交通事故、その後どうする?】愛知県の接骨院ハピネスグループ

○実況見分調書は、過失割合の認定において最も重要な証拠である。

人身事故の場合は、その場で警察官が現場検証を行い、その内容を実況見分調書に書き起こします。そしてこれが交通事故の公式な記録として残ります。ですから、後から加害者と過失割合を話し合う際にはこの実況見分調書に書いてあることがベースとなります。

そのため、実況見分の際にしっかりとした主張をして記録しておいてもらわないと、あとで裁判になったときにこちらが非常に不利な時間となります。

今回の相談者は口べたということですが、実況見分の際には事実をありのまま正確に警察官に伝えるようにしましょう。

出典 http://交通事故解決.jp

1
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

月別アーカイブ

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で